【最新版】2021年の大会情報をまとめました!情報はココをクリック!

大会構成の振付(コレオグラフ)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

正しい大会構成作り(コレオグラフ)ができないと、スキルのある選手が集まって難易度の高い技を実施したとしても大会で点数は伸びません。一方、スキルが少し劣っていたとしても正しく構成を作っていれば高得点を獲得することも可能なのです。海外では「スキルを磨くよりも、良い構成を作ることの方が高得点に繋がる」とよく言われています。それくらい構成作りが大切なのです。

大会で高得点の出せる構成作りには、ルールを熟知すること・選手の強みを最大限に反映させる構成を作ること・移動の動線などの細部までこだわること・流行りを知ることが重要です。

オーストラリアにいた頃は毎年アメリカから振付師が来ていたため、プロの振付を間近で体験し、どのように振付を行うのかを学ぶことができました。日本ではまだ「振付師に大会構成を作ってもらう」という文化は乏しいですが、海外でのコーチ経験から培った大会構成作りを日本でも広めたいと思っています。

「今シーズンは結果を残したい!」といったチームの方々からのお問い合わせお待ちしております!

  • 鹿児島県チアチーム(Junior Level 2)
    2021-2022シーズン用に全体構成の振付を担当しました。今年度から始めてレベル2になる選手、大会が初めての選手もいた中、無理をせず可能な範囲でスタンツスキルを入れ、チームの強みであるタンブリングを活かすような構成作りを心がけました。
  • 神奈川県チアチーム(Youth Level 1、Junior level 2、Junior level 3)
    USA REGIONALS及びNATIONALS 2021用にYouth、Juniorチームの合計3チームのダンスの振り付けを担当しました。コロナウイルス特別ルールで選手同士の接触が禁止でしたが、なるべく視覚的効果のあるダンスを作るよう心がけました。
  • 新潟県 RGO GENESIS(Junior Level 3)
    USA REGIONALS及びNATIONALS 2021用にJunior Level 3の振り付けを担当しました。今年はコロナ特別ルールでスタンツはなし、かつ5人で出場という状態でしたが、少ない人数でもフロアを大きく使うことを意識しました。初出場でUSA NATIONALS部門準優勝を果たしました。
  • デンマーク BEARS
    メンバー10人がチアリーディングを初めて1年目という新チームの演技構成を担当。デンマークは特殊なルールで大会実施をしていますが、初心者でも最大限の点数を取れるよう、工夫しました。
  • 新潟県 RGO GENESIS(Junior Level 2)
    スタンツ部門(1分間スタンツのみ)のJunior Level 2の構成振り付けを担当しました。オーストラリアのAUSSIE GOLD主催のインターナショナル大会にて、部門優勝しました。できる限りのスキルを活用し難易度スコアを保ちながら、流れの良い構成作りを心がけました。
  • 大阪・POPPERS(Youth Level 1)
    USA REGIONALS 2019用にYouth Level 1の構成をオンライン振付しました。スタンツスキルを補う為にチームが持っているスキルを最大限に生かしできるだけ難易度スコアを取れるような構成作りを心がけました。チーム史上初となる部門優勝を果たしました。
ダンスだけの振付も行なっていますか?

ダンスのみの振付も行なっております。

どのような手順で振付をしますか?

事前に、選手のスタンツ及びタンブリングスキルの把握(質問フォームに入力頂きます)、入れる技の選定、点数計算、フォーメーションの決定まで行います。振付当日は、フォーメーション入れ、スタンツ指導と技確定、ダンス振り入れ、移動の動線チェック、移動の振付までを行います。

振付にはどれくらい時間がかかりますか?

人数にもよりますが、1チームおよそ2日間まるまる(14時間程度)かけて振付を完了させます。移動の動線チェックまで念入りに行ないます。ダンスの場合は、1チームにつき1.5時間〜2時間で完成します。

大会構成の振付依頼については、下記の問い合わせフォームよりご連絡ください。※複数チームがある場合、チームごとに問い合わせフォームを送信願います。全ての問い合わせにご返答差し上げます。金額は人数によっても変わりますので、お問い合わせ頂いた際にお見積もり差し上げます。

    LINEで相談も受付中!

    Add friend









    友達にシェア!