オーストラリア

海外強豪チームでの練習方法〜サークルアップとは〜

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

私たちが目指すのは絶対ヒットゼロ(ノーミス)。練習だからといって、ミスが出た箇所についてはメンバーもコーチもシビアになります。

通しでできなかった技は、通しの後にみんなでサークルを作って、みんなが見ているサークルの中でスタンツを通します。

これが異常なプレッシャー。20人くらいの視線が全部こちらに注目されている中でのスタンツ。落としちゃいけないという重圧で、本番のように緊張する。そして、失敗したスタンツが多いほど、みんなの前でスタンツをする機会が多くなってしまうのですが、この前は全部のパートナースタンツを落としてしまい、全箇所のスタンツをみんなの前でやるはめに。

「あ、またそのか。そのか全部失敗したのかよw」と思われているんじゃないかという気持ちと情けなさで、さすがにこの時は、涙がほろりと出て来ました涙

ただ、このサークルアップの方法には賛成で、皆に見られている中でスタンツする事で、重圧に耐える練習になるし、見ている側も、他のみんなのスタンツをじっくり見る事で、上手なポイントがあれば研究できる。で、スタンツが成功するとみんなが声かけて喜んでくれる。

海外だとこのスタンツ練習方法はポピュラーで、世界大会の会場に行っても、多くのチームがサークルを作って1組づつスタンツを見せ合っています。最初見たときは、「1組づつなんて時間もったいない。全員でやればいいのに。」なんて思っていたけど、実際に自分がやってみると、上述したような緊張感を得られるからなのだと思い、今ではこの方法はお気に入りです。

世界大会にいくと「サークルアップ」をするチームをたくさん見られる

チアリーディングをアメリカでやりたいのに一歩踏み出せない皆さんへ

笠原園花(編集長)

投稿者の記事一覧

現在オーストラリア・メルボルンでチアリーディングの選手兼コーチとしてSOUTHERN CROSS CHEERに所属する傍ら、海外チア情報を発信中の笠原園花です。皆さんが知りたい情報をどんどんお届けします!

関連記事

  1. チア大会での必需品とは?海外選手が準備するモノまとめ
  2. 海外版 チアリーディング世界大会振り付け2日目から最終日までの様…
  3. オーストラリアでチア!〜 オフの日の過ごし方〜
  4. フィリピンでチア留学をした青木聡志さんにインタビュー
  5. オーストラリアでチア留学している大矢寧々です
  6. チアリーディングで合同練習をおすすめする理由は?
  7. 高校海外留学とチアリーディングの両立をする村松希春です
  8. チアリーディング世界大会への想い〜オーストラリア代表と共に挑むワ…

おすすめ記事

チアリーディング世界大会への想い〜オーストラリア代表と共に挑むワールド〜
チアでの効果的な練習方法【大会練習編】について教えます。
チアのジャンプの種類と正しい形について解説【動画付き】
チアリーディングのコーチ資格一覧【最新版】
チアリーディングで使えるコール一覧【必見】
チアリーディングシューズを選ぶときのポイント
チアリーディングのポジションごとの役割について解説
世界大会出場を目指してチア留学へ〜世界5位までの道のり〜
JCA出身チアリーダーがUSAに転向してわかった8つの違い
ロン宙で引き上げのコツは?高さをだせるようになろう!

ピックアップ記事

PAGE TOP