2020年の大会情報を更新しました!(2020年5月21日時点)

ロン宙で引き上げのコツは?高さをだせるようになろう!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

みなさんこんにちは!現在オーストラリア・メルボルンでチアリーディングの修行をしている高見沢です。チアリーダー向けのタンブリング練習講座を担当しています。

ロン宙で引き上げて高さを出すのが難しいという声をよく聞きます。ロンダードの後に引き上げができないと宙返りが低くなってしまい美しい技ができないですよね。そんな方に向け、ロン宙で引き上げるコツと練習方法について今回はお伝えします。

宙返りが後ろに行く原因は?

宙返りが流れてしまう原因として一番に考えられるのがロンダートから宙返りをするときの姿勢が後ろに流れる方向に向かっているということです。そのため、ロンダードの着地からの方向修正の練習をすることが大切。

宙返りをまっすぐ上に飛べるようにする練習方法

そこでロンダートから宙返りに入る時の姿勢を矯正するために、障害物を置いてロンダートジャンプをします。以下の動画で詳しく解説しています。

※テープなどを貼ってその間に着地しないようにする方法もありますが、ロンダートで体をしっかりと起こす事も大事なためある程度高さもある障害物を置くとより効果的です。

慣れてきたらどんどん距離を出していって高いロンダートジャンプを目指しましょう!距離を出すために体をつぶしてしまっては宙返りが難しくなってしまうので、ロンダートでしっかりと地面を押して体を起こす事を忘れずに。

POINT

体を大きく使う
ロンダートでしっかりと体を起こす
足を遠くに着く

まとめ

いかがでしたか?この練習方法はロンダート宙返りの高さを高くする練習にもなるので後ろに流れずに回れている人も是非参考にしてみてください。

シェアしてくれたら嬉しい!