2020年の大会情報を更新しました!(2020年8月10日時点)

ナバロ大学のチアリーダーたちのプロフィールまとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

ナバロ大学のチアリーダー達がモデルになったネットフリックスの「チアの女王」はもうご覧になりましたか?このシリーズのキャスト達はインスタグラムでフォロワーが多いだけでなく、実力が本当にあるすごい人たちなんです。そんな彼女たちの過去所属チームやスキルについて紹介していきます。

ナバロ大学チアリーディング部

まずは忘れてはいけないのがチアの女王のモデルにもなっているナバロ大学のチアリーディング部。ナバロ大学はテキサス州の田舎の中の田舎にある大学とシリーズの中でも紹介されていましたね。現在のコーチ・モニカ氏がコーチに就任してから、チアリーディング部の実力は一気に向上。現在では全米大学選手権では毎年優勝するほどの実力を持っているほどです。

そんなナバロ大学のインスタグラムがこちら

コーチのモニカ・アルダマ

コーチのモニカ・アルダマさんについては以下の記事でも過去の職歴などを紹介しています。

そんな名監督モニカコーチのインスタグラムはこちら

Gabi Butler(ガビ・バトラー)

チアリーダーなら誰でも知っているというほど、もともとチア界の芸能人とよばれるほど有名人だったガビ。1998年生まれ、フロリダ州出身の現在22歳。ガビは8歳からチアをやっていて、昔から「体が柔らかい」という事で有名でした。そして、当時からYoutubeチャンネルを開設したりしていたんです。

そんなガビのYoutubeはこちら

これまでに、TOPGUN、TRINITY、CALIFORNIA ALLSTARS SMOED、GYMTIME BLINKなどいずれもアメリカの強豪チームに所属しており、現在もナバロ大学と同時にTOPGUNにも所属しているようです。(海外では、大学チアとクラブチームの掛け持ちはよくあること)

噂によると、ガビはフロリダアトランティック大学のフットボール選手とお付き合いをしているようですが、ガビは恋愛についてはオープンに話すことがないようです。

MORGAN SIMIANER(モーガン・シミアナ)

モーガンはチアリーディングが上手いだけじゃなくて、ルックスも超美人というか可愛いというか……。そんなモーガンは、体操選手としてのバックグラウンドがあります。1997年生まれで、身長は156センチに体重46キロとアメリカ人フライヤーにしたら結構小柄!

「チアの女王」ドキュメンタリーの最初では、Aチームには入っていませんでしが、シリーズ6回目の全国大会直前には、怪我したトップの代わりにAチームに入っています。


モーガンは、ナバロ大学の他にもアメリカの強豪クラブチーム「チアアスレチックス」にも所属しているようです。2018年の世界大会では、チアアスレチックスのメンバーとしても世界大会に出場しています。

モーガンの両親は幼少期に離婚。父親に引き取られるも、その後弟と一緒に二人暮らしを強いられたと言われています。

モーガンのYoutubeチャンネルはこちら

LEXI BRUMBACK(レクシー・ブルンバック)

レクシーは「チアの女王」のドキュメンタリー内でも話し方などがヤンキーのような、ちょっと悪っぽさが出ている子ですよね。ダンスの振り付けが覚えられなくてモニカコーチから「あなたはもう踊らないで」と言われているシーンが印象的です。本人もインタビューなどでは「ダンスやモーションを覚えるのがマジで嫌い」と言っています。

さて、そんなレクシーですが、体操競技出身で、タンブリングでは女子ピカイチの実力を持っています。チアリーダーの私からみても彼女のタンブリング力は本当にすごい。

ちなみにレクシーは2000年生まれ。高校を中退したり、家庭内暴力、ドラッグなどで何かと問題を起こしていたレクシーはドキュメンタリーでは、ドラッグ関連問題でナバロ大学のチアを追放されていまいます。でもドキュメンタリーが放映開始された2020年1月、モニカコーチから「2度目のチャンスを」と、ナバロ大学のチアリーディング部に戻ることが決まり、今ではまたナバロ大学でチアをしているようです。

レクシーは幼少期からアメリカのクラブチームでチアリーディングをやっていたようですね。レクシーの母親の友人がチアリーディングジムを運営していたようで、そのチアジムに(無理矢理?)所属させられたと語っています。しかもタンブリングの実力がすごいから、どのクラブチームでも、特待生(お月謝は支払わなくていい!)だったようです。これは本当にすごい。お金は払わなくてもいいからうちのチームに来て!!ということなんですけど、それだけいろんなチームがレクシーを欲しかったんですね。

ちなみにレクシーはインスタグラムのストーリーズの中で「私はバイセクシャル(両性愛)」と言っていました。でも今は彼氏がいるようです。

さらに、レクシーはなんと日本好き!先日私がみたレクシーのインスタグラムのストーリーズでは「今一番行きたいのは日本!日本のゲームショーに行きたいの!」と言っていました。アニメ好きなんでしょうね。

JERRY HARRIS(ジェリー・ハリス)

ジェリーといえば、チームで一番の「ポジティブ」な性格で有名です。ジェリーはスタンツは上手なんですけど、ナバロ大学の中で一番うまいわけではないんですよね。でも彼は、自分自身のムードに関係なく、絶対にマットの上では他のチームメイトを応援するんです。そんな性格が買われて有名になっています。こういう存在、チームに1人は必要ですよね。

さて、彼は2017年からナバロ大学のチアリーディング部に所属、2018年からはモーガンと同じ、アメリカの強豪クラブチーム「チアアスレチックス」に所属しているようです。

LA’DARIUS MARSHALL (ラダリアス・マーシャル)

ラダリアスといえば、動きや全てが面白いチアリーダー。実は、このチアの女王シリーズがネットフリックスで公開される前から、ラダリアスのアメフト応援での動きの様子がチア界で話題になっていました。私はその動画を覚えていたので、ネットフリックスを見た時に「あああああ、この人だあああ」と勝手に盛りあがりました。

その時の動画がこちら(2018年に撮影されたものです)

ラダリアスは2018年から2020年までをナバロ大学のチアリーディング部に所属、その傍ら、同じ時期にモーガンやジェリーと同じ「チアアスレチックス」に所属していました。

いかがでしたか?これまでチアリーディングといえば「Bring It On(ブリングイットオン)」というミュージカル映画でしたが、今回リアルなチアリーディングを描写しているとしてかなり話題になったネットフリックスの「チアの女王」。ナバロ大学のチアリーダー達は一気に「芸能人」と化したということでも話題になっています。このシリーズを機に、チアリーディング というスポーツが日本でも「スポーツ」として認知度が広まることを願います。

シェアしてくれたら嬉しい!