オーストラリア

オーストラリアのチームとして人生2回目のチアリーディング世界大会

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは! オーストラリアのメルボルンにチア留学中の笠原園花です。この度、オーストラリアのチアリーディング強豪チームと、今年4月末にアメリカのフロリダで開催されるチアリーディング世界大会に出場することとなりました。

突然の事で自分が一番驚いています。

世界大会出場までのストーリー

2019年、年が明けて1月8日のことです。
突然、オーストラリアのチーム(私が昨年5月~7月まで修行しに行っていたチーム)から「1月29日までにオーストラリアにこられないか? 世界大会のためにミドルフライヤーが必要。」と連絡が来ました。この方には、Happy new year! の挨拶とともに、「世界大会めっちゃでたいからいつでも出られる準備しているよw」と確かに1月4日にメッセージしていました。(そんな機会が訪れるなんて微塵も思っていなかったですが……)

このメッセージを送ったまさに4日後の出来事で、「いつでも出られる準備はしている」というメッセージとは裏腹に、実際は考えなければならないことが沢山あって即決ができなかった。

ドバイでの仕事は?ドバイで作ったチアのチームは?

ドバイの小学校で発足したチアチームのコーチは?
しかも1か月前から日本語の先生も始めちゃって生徒も持っているし・・・

どうしよう!これ全部裏切って、自分の夢を追うべきなのか、ドバイでの今の自分のやるべきことを責任もって続けるべきなのか・・・自分の中では「世界大会に行く」と決めていたので、最後に、この言葉をある方から頂いて決断した。

もしあなたが人生で方向性が見えなくなったら 外に目を向けるのではなく、自分の内側に目を向けてみて欲しい。それはあなたの中に答えがあるという事。

となると答えは簡単で、「ドバイをいったん離れて、世界大会に行く」こと。ということで、決めた。8日にメッセージをもらった翌々日、「29日までに行きます!」と返信した。「退路を断って覚悟を決める」が2018年の抱負だったので、この機にドバイの会社も辞めた。心配していた、チアのチームメンバーやキッズチームの学校の先生や生徒達も、とってもとっても祝福してくれた。「そのかがいない間もチーム運営頑張るわ!」と言ってくれた。「絶対ドバイ戻ってきてね」とも言ってくれた。ちなみに会社の上司からは「失望」と言われた。

ということで、8日にチームから連絡が来て、9日にドバイの上司に報告、10日に日本の上司に報告(退職報告)、同日にオーストラリアのチームに「世界大会行きます」の宣言をし、28日のフライトでオーストラリアに向かいます。

自分でも怒涛すぎると思う。

今はワクワクとドキドキの間。

笠原園花(編集長)

投稿者の記事一覧

現在オーストラリア・メルボルンでチアリーディングの選手兼コーチとしてSOUTHERN CROSS CHEERに所属する傍ら、海外チア情報を発信中の笠原園花です。皆さんが知りたい情報をどんどんお届けします!

関連記事

  1. 海外チア強豪チームの練習方法〜できた人から帰宅制度〜
  2. 大学休学してチア留学している高見沢翔一です
  3. 外国でチアをする理由〜チア留学のパイオニアになりたい〜
  4. チアリーディング世界大会後、オーストラリアにもう一年残ることにし…
  5. チアリーディングで大事なこと〜技を無理にやるのは美徳ではない〜
  6. アメリカの強豪大学チアチームに留学中の三島穂菜美です
  7. チアリーディング世界大会への想い〜オーストラリア代表と共に挑むワ…
  8. 海外版 チアリーディング世界大会振り付け2日目から最終日までの様…

おすすめ記事

チアルール スタンツのレベル別ルールについてわかりやすく解説します
簡単!疲労回復の方法を教えます!〜海外でも実践可能〜
チアリーディングの高校強豪チームまとめ【最新】
チアリーディングで大事なこと〜技を無理にやるのは美徳ではない〜
チアリーディングで楽しかった瞬間【大調査】
チアリーディングの世界大会の種類について解説
トップの体重管理についてチアリーダーが意識すべきこと
チアリーダーでもスポンサーを獲得できる方法を伝授します
タンブリングの技について大解説【最新版】〜チアリーディング〜
海外チア強豪チームの練習方法〜できた人から帰宅制度〜

ピックアップ記事

PAGE TOP