みんなのチアリーディング人生

チアリーディングで成長したこと〜チア人生振り返り〜

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちは。現在オーストラリア・メルボルンでチア留学中の笠原園花です。

チアリーディングで成長したことは数えきれないくらいあります。フィジカル面ではもちろんですが、メンタル面で成長したと感じることが12年経った今、多くあります。これからチアを始める人、始めたばかりの人に向けてチアリーディングを通してどんな成長が期待できるかについてお伝えします。

フィジカル面

まずは体。体格が相当変わりました。高校当時は大体40キロ〜42キロで(45キロ以下がフライヤーになる条件だった)、脂肪も筋肉量も少ない小学生みたいな体型でした。体が軽いから、なんでもできて、怪我知らずでした。朝9時から夕方5時までの練習もこなしていました。

しかし今は、全く違います。高校時代より体重も増えて、胸もお尻も大きくなったため、体の中心軸が高校の時とは違くて、スタンツをするときは少し大変です。怪我もするようになりました。疲れが抜けるのに時間がかかるから、長時間練習はきつく、量より質型の練習を心がけています。

体格が変わったから、チームでのポジションも変わりました。今までピラミッドでもトップフライヤーだったけど、今はミドルもやります。大学生まではフライヤーであることに誇りを持っていましたが、ここ数年間は、どんなポジションでもチームのためならなんでもできるようになりたいというように考えが変わりました。体の成長と向き合っていかなければいけないので、こういう柔軟な考えができるようになって良かったと思います。

メンタル面

自分の限界がわかるようになった

精神面はフィジカル面よりも大きく変わったと思います。まず、自分のフィジカルとメンタルのギャップや限界を把握できるようになった。

高校までは、やりたい技は、体力など関係なくなんでもできると思っていました。どんなに疲れてても、自分に限界なんてないと思っていました。高校2年生のときの大会の構成で、成功率の低かったダブルツイストを切られてしまったことがあり、先生に泣きながら「ダブルやらせてください!」と頼みに行った記憶があります。その時は、自分のフィジカルの限界がわからなかったのです。悔しい!!! という気持ちを抑えきれず、ただただ、私はダブルツイストをやりたい! という気持ちでしかありませんでした。

今は、当時より格段に、自分の体とうまく向き合うことができるようになりました。先日、世界大会の構成の中にあったタンブリング技を一つ切られてしまいました。しかしその時、素直にその事実を受け入れることができたのです。フィジカル的にもメンタル的にも少し負担がかかっていたのを自分でもわかっていたからです。もちろん悔しかったです。情けなかったです。しかしそれをしっかり抑えることができました。もし、高校生の私だったら、コーチに泣きすがっていたかもしれないです。

緊張をコントロールできるようになった

大会本番、自分がどのように緊張するか、そしてどれくらいの緊張まで持っていくのがいいかまで把握できるようになりました。

高校生の時は、緊張している自分とどう向き合えばいいかわかりませんでした。とりあえず、手のひらに人という文字を3回書いて飲み込むというお決まりの儀式をして祈るのみ。

今では、自分の緊張を冷静に分析し、いい緊張モードに自分を持っていくことができるようになりました。最近わかってきたのは、

    緊張しすぎると、本番演技で体が震えだしいいパフォーマンスができない。
    緊張しなさすぎると、簡単なスタンツでミスを出す。
    練習で余裕で乗っていたスタンツで本番ミスがでると、そのあとの演技で頭がパニックになる。
    練習でもよくミスしていたスタンツが本番ミスすると、冷静に気持ちを切り替えられる。
    大会が2日間ある場合、2日目は絶好調
    練習中失敗ばっかしていたスタンツでも、本番だけはすごい綺麗に成功する

約12年間のチア人生の中でも、本番であまりスタンツをミスしないタイプで、練習でいつも落ちていたスタンツがなぜか本番だけうまくいくことがよくある傾向。集中力が実は高いのかもしれない。でもその集中力を発揮するには、地に足のついた程よい緊張感を本番前に作り出すことが
大事。

本番前にほどよい緊張感を作り出す方法
これは、ある程度の「経験」が必要です。大会毎に

本番直前に自分がどう緊張しているか
本番直前に緊張をほぐすためにどのような行動をとっていたか
演技中最も緊張した部分はどこか
本番前や本番中に何を考えていたか

を自分で分析することです。そうすると、自分が何をすればほどよい緊張感に自身を持っていけるかわかるようになります。

わたしは、大会マットへの入場の際に大きな声を出すと緊張がほぐれるので毎回実践しています。

このように、12年間の経験を経てようやく自分をコントロールできるようになりました。精神的に成長したことで、体力面を補うことができています。

普通の会社員がチア世界大会メダリストのチームで練習するようになったきっかけ

笠原園花(編集長)

投稿者の記事一覧

現在オーストラリア・メルボルンでチアリーディングの選手兼コーチとしてSOUTHERN CROSS CHEERに所属する傍ら、海外チア情報を発信中の笠原園花です。皆さんが知りたい情報をどんどんお届けします!

関連記事

  1. 笠原園花のチアリーディング人生〜前編〜
  2. 私がチアリーディングを始めたきっかけ〜笠原園花〜
  3. 笠原園花のチアリーディング人生〜中編〜
  4. 笠原園花のチアリーディング人生〜後編〜
  5. 【公式】競技チアリーディング・笠原園花 自己紹介
  6. 普通の会社員がチア世界大会メダリストのチームで練習するようになっ…

おすすめ記事

アメリカに日本から持っていくべきもの10選【世界大会出場選手必見】
技術がなくてもやる気がある人にチア留学がオススメと語る米岡花さん取材
バク転や宙返りで床を蹴り切る練習方法〜タンブリング〜
チアリーディングコーチになるには?
〜海外流チア練習方法〜オーストラリアでのチアの練習がものすごいスピードで進みます
外国でチアをする理由〜チア留学のパイオニアになりたい〜
チアでのメンバー選びの考え方が日本と海外で違うことについて
チア世界大会が終わりました!〜大会結果のご報告〜
目指せCA!チアリーディングで培った体力が活躍!?
オーストラリアでチア!〜 オフの日の過ごし方〜

ピックアップ記事

PAGE TOP