【最新版】2021年の大会情報をまとめました!情報はココをクリック!

チアリーディングの世界大会の種類について解説

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

チアリーディングの世界大会は、大きくわけて4つあります。毎年4月末にアメリカで開催されている非常に大きい規模のものですが、なぜ種類がいくつもあるのでしょうか?チアリーディングの世界大会についてそれぞれの違いについて解説していきます。

4つの世界大会

まず、「チアリーディングの世界大会」と呼ばれるものには、4つあり、それらが

国別対抗 クラブチーム対抗
に大きく分かれます。

国別対抗の世界大会
  • ICU Worlds Championships
  • ICU Junior Worlds Championships
クラブチーム対抗の世界大会
  • IASF Worlds
  • The Summit

4つの世界大会それぞれのおおまかな違いは、国別対抗かどうか・年齢区分・スキルレベルです。この3つの違いに注目すると理解しやすいと思います。

国別対抗世界大会

ICU World ChampionshipsICU Junior World Championshipsの2つは、国別対抗での世界大会となります。オリンピックのように、日本代表、アメリカ代表、カナダ代表……といったように国ごとに代表チームがあってその国家代表チーム同士が戦いを繰り広げます。

どちらも主催はICU(International Cheer Union)という国際チア連合です。2021年に国際オリンピック委員会に正式認定された団体で、注目が集まっています。

ICU World Championships

ICU Worlds概要

主催:International Cheer Union
対抗区分:国別代表
年齢区分:16歳以上
スキル区分:Elite部門、Premier部門(レベル6〜7に該当)

各国それぞれ、「オールガールの国家代表チーム」と、「コエドの代表チーム」の2つを持つことができます。また、それらの2つの国家代表チームは、Elite部門かPremier部門のどちらに出場するかを選べます。

例えば、オールガールの日本代表チームはElite部門に出場する一方、コエドの日本代表はPremier部門に出場できます。

Elite部門は、頭が逆さになるようなバスケットトスの回転技や3層ピラミッドは禁止ですが、Premier部門では、ダイナミックな3層ピラミッドや頭が逆さになるような迫力のあるバスケットトス技の実施が可能です。

ICU Junior World Championships

ICU Junior Worlds概要

主催:International Cheer Union
対抗区分:国別代表
年齢区分:12歳〜14歳のYouth代表&15歳〜18歳のJunior代表
スキル区分:Youth代表はMedian部門かAdvanced部門、Junior代表はAdvanced部門かElite部門

こちらは名前通り、ジュニア世代の世界大会です。

12歳から14歳のユース代表と15歳〜18歳のジュニア世代に分かれています。

各国それぞれオールガールのユース国家代表&ジュニア国家代表、コエドのユース国家代表&ジュニア国家代表をもつことができるので、最大4つの代表チームを世界大会へ派遣できます。

日本代表は、このジュニア部門での活躍がめざましく、世界大会で優勝も果たしています!

クラブチーム対抗世界大会

IASF WorldsとThe Summitの2つの大会は、クラブチームの対抗戦です。

サッカーで言えば、浦和レッズ対レアル・マドリードといったように、選手の国籍は関係なく、クラブチーム同士での戦いとなります。そのため、出場権さえ獲得すれば一つの国から何チームも出場することができます。

もともとは「全米選手権」としてアメリカのチームのみが参加するものでした。しかし他の国のチームの参加が増えたことで「世界大会」としての色合いが強まり、今では「クラブチームの世界大会」として最大規模を誇っています。

IASF Worlds

IASF Worlds概要

主催:International All Star Federation(IASF)
対抗区分:クラブチーム対抗
年齢区分:14歳以上
スキル区分:レベル5から7

チアリーディングにはレベル1から7までありますが、このうち、レベル5以上のチームのみが参加できるハイレベルな世界大会です。

2019年大会より「Non Tumbling部門」といって、演技からタンブリングを抜いたバージョンの部門もでき、これまでスタンツはできるのにタンブリングができずに世界大会のメンバーに選ばれなかった選手など、より多くの選手が世界大会に出場できるようになりました。

The Summit

The Summit概要

主催:Varsity
対抗区分:クラブチーム対抗
年齢区分:10歳以上
スキル区分:レベル1から5

これはレベル1〜5までのチームが出場できます。技の難易度は高くないですが、その分、シンクロ性、演技の構成の作り方、フライヤーの柔軟性、技の繋げ方などがかなりハイレベルで、見てて飽きません。

日本からも毎年クラブチームが出場しており、上位入賞を果たしています!

さて、以上4つの世界大会について説明しました。

これら4つの世界大会は、毎年4月末から5月初旬のおよそ2週間にかけて、アメリカのフロリダ州にあるディズニーワールド敷地内で開催されます。同じ時期に同じ場所で開催されるので、これら4つの世界大会が開催される2週間は世界中のチアリーダーが盛り上がります。

町中、世界各国のチアリーダーで溢れる2週間。皆さんもきてみたくなりましたか?