チアリーディングお役立ち情報

チアリーディングをやめたいと思っているあなたへ伝えたいこと

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

チアリーディングをやめたいと思っている人に向けて私からのメッセージです。辛いし、練習は毎日あるし、もう嫌だと思っている人は少なくないはず。そんなチアリーディングをやめたいと思っている人へ読んでほしい記事です。

皆さん、こんにちは!現在オーストラリア・メルボルンでチアリーディングをしている笠原園花です。

2020年の4月で、チアリーディングを始めてから丸13年が経ちます。13年も同じスポーツ(チアリーディング )をやることになるなんて、始めた頃は考えてもいませんでした。今では、チアリーディングを心の底から楽しみ、チアリーディングのコーチが本業になっているほどですが、それまで苦しいこと、辛いこと、そして「チアリーディングをやめたい」と思ったことは何度もありました。

そんな私の経験から、今チアリーディングをやめたいと思っている皆さんに向けてメッセージを送ります。

チアをやめたいときに自分に問いかけてほしいこと

なんでチアリーディングを始めたのか

なぜチアリーディングを始めたのか、もう一度思い出してみてください。なんとなく楽しそうだったから?やってみたかったから?先輩たちの演技がカッコ良かったから?踊るのが好きだから?仲がいい友達に誘われたから?いろいろな理由があると思いますが、なぜチアリーディングを始めたのか、最初の気持ちを思い出してみてください。

やりたくないと思ったのにチアリーディングを始めた人はいませんよね?もしいるなら早くやめたほうがいいかもしれないです。

チアリーディングを始めた時は楽しかった?

チアリーディングを始めてから1週間、1ヶ月はどうでしたか?新しいモーションを学ぶのだけでも楽しくなかったですか?新しいダンスを教えてもらったり、新しいスタンツの技を教えてもらったり。

今辛くてやめたいのは、「できる技がどんどん増える」という感覚が少なくなっているからかもしれません。

そりゃ、できる技が一気に増えると「私チアに向いてるかも〜楽しい〜」という感覚になるけど、一通り簡単な技を習得して、いったん難しい技に突き当たると「できない」というネガティブな気持ちが先行してしまいます。

私もそういう時は辛かった。私チアリーディング向いてないかもな〜もうつまらないな〜と思っていた時期も何度もありました。

そんな時は、自分が得意な分野を伸ばすのを意識してみて。スタンツでつまづいているなら、ジャンプを伸ばしたり、ダンスをたくさん練習したり、タンブリングを練習したり。スタンツが下手でも、タンブリングが上手ならそれでいいじゃない♪

チアリーディング自体が嫌いなのか

本当にチアリーディング自体が嫌いなの?それとも、チアは好きだけどチームメイトが嫌い?部活の規則が嫌い?先輩が嫌い?コーチが嫌い?

チアリーディング をやめたいと思っている人の中で一番多いのが、「チアリーディング自体は好き」という人。そう、みんなチアリーディングというスポーツは大好きなんですよね。ただ、それを取り巻く環境が嫌いなだけ。

なにが嫌なのか分析してみて。もし、部活の規則が厳しすぎるなら、部活をやめてクラブチームに入ってもいいかもしれないよ。先輩が嫌いなら、同期に相談したり先生に思い切って打ち明けてみると助けてくれるかも。

チアリーディングをやめたいのにやめる勇気がないのはなぜか

チアリーディングを辞めるといいながら、やめない人って結構いるよね。なんで辞めたいのに辞める勇気がないの?チームメイトに迷惑がかかるから?何かを途中でやめることに対して、抵抗があるから?

辞めたいと思う気持ちばかりが先行してしまって、あなたの脳みそは「辞める」の三文字で埋まっているけど、楽しいこと少しくらいあるんじゃない?大会とか、同期と練習後にご飯食べに行ったりとか。

辞めたいけど、今ちょっと楽しいって思えることを10個くらい挙げてみて。もしかしたら、実は楽しいことがたくさんあるかも。その楽しいことのせいでやめる勇気がないのかもね。

今なぜチアリーディングをしているのか

辞めたいという気持ちはいったん置いといて、みんなは今なぜチアリーディングをしていますか?

大会でいい成績を残したいから?とにかくチームメイトが好きだから?コーチが好きだから?

この質問は、いつも私がコーチをする子供や大学生たちに問いかけています。みんなチアリーディングをする理由は様々。「コーチのためにチアしています!」と言われたことだってある。なんじゃいそりゃ!と思ったけど、それでもいい。

コーチのためでも、大会のためでも、チームメイトのためでも、親のためでもなんでもいい。でも、もし何かのためにチアリーディングを続けているなら、それだけで素晴らしいこと。やめる必要ってあるかな?

本当にやめたいなら辞めてもいい

自分の本当の気持ちと向き合った上で、自分にしっかりと問いかけた上で、本当にやめたいならやめてもいいと思う。チアリーディングを辞めたからといって、人生が終わるわけではないし。

でもやめるなら、今やっているチアリーディング以上に情熱を注げるものができてから辞めてほしい。

本当にやめたいと思っている人、チアリーディングを辞めてから、チアリーディング以上にパッションを持って最後までやり遂げたいと思えるもの、今ありますか?

あるなら、今すぐにでもチアリーディングを辞めて、そのものに対して情熱を注いだほうがいいかもしれないね。

私がチアリーディングを辞めたいと思った瞬間

高校でチアを始めて、大学、社会人・・・とチアリーディングを続けてきて、辞めたいとおもったのは高校時代と大学時代だけなんです。社会人になってからは一度もやめたいと思わなくなりました。

高校時代は練習が厳しく、チアは好きだし、チームメイトは好きだし、先生のことも好き、でも辛い練習をこれ以上したくない。というのが主な原因でした。

大学時代は、練習というよりも、先輩後輩の上下関係が厳しかったこと、ほかにも留学などやりたいことがあったというのが「チアをやめたい」と思ってしまった原因でした。

私の場合、チアをやめたいというのは、チアが嫌いなわけでなく、それを取り巻く環境が嫌いだっただけ。でも、チームメイトのことが大好きだったから、チームメイトに嫌なことを相談しながら、卒業までやり通すことができました。

こうやって、一旦「辞める」の三文字を脳みそから取り除いて、冷静になって、自分を分析してみるといいですよ。

なん度も言うけど、本当にやめたいのならやめてもいい。チアリーディングを辞めたくらいで人生は終わらないので。でも辞めるなら、チア以上に情熱を注げるものにしっかりと情熱を注いであげてほしいな。

笠原園花(編集長)

投稿者の記事一覧

現在オーストラリア・メルボルンでチアリーディングの選手兼コーチとしてSOUTHERN CROSS CHEERに所属する傍ら、海外チア情報を発信中の笠原園花です。皆さんが知りたい情報をどんどんお届けします!

関連記事

  1. ポカリスウェット・チア編「2分30秒の青春」に込められる思いを解…
  2. チアリーディングのコーチ資格一覧【最新版】
  3. チアリーディングの大会メイク方法を大公開【超簡単】
  4. チアリーダーでもスポンサーを獲得できる方法を伝授します
  5. チアリーディングを始めるメリットについて紹介
  6. チアリーディングの大会情報【2020年度最新版】
  7. チアリーディングが上手くなりたい人は必読【必見】
  8. 部員を増やすための皆の工夫 5選【新学期必見】

おすすめ記事

チアで減点を意識するようになる練習方法を教えます。
外国でチアをする理由〜チア留学のパイオニアになりたい〜
チアリーディングの歴史ー150年間の総歴史
チアリーディング短期留学を初心者ながらも体験した和泉あかねさん取材
台湾の強豪チアリーディングチームに留学中の笹原光信です
チアリーディング強豪大学ランキングを紹介!
チアで短期留学!語学×チア 小岩井綾さんの体験談
チアリーディング世界大会後、オーストラリアにもう一年残ることにしました
オーストラリアでチア留学している大矢寧々です
チアリーディングで成長したこと〜チア人生振り返り〜

ピックアップ記事

PAGE TOP