2020年の大会情報を更新しました!(2020年5月21日時点)

未経験だけどチアを始めたいならしておくべき4つのこと

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

未経験だけどチアリーディングを始めたい!けど、スポーツはやったことないし、私でもできますか?という質問が多く来ます。そんな未経験の皆さんに向けてチアリーディングを始める前にしておくべきことをお伝えします。今回の記事作成にあたり、現役チアリーダーの皆さんにアンケートも取りました!

1、柔軟

圧倒的に多かった回答が、柔軟です。チアリーディングを始めると毎回の練習で必ず行うのが柔軟。体が柔らかいとできる技も多くなります。そのため、チアリーディングを始めたい!という人は、事前に毎日の柔軟ストレッチを習慣化しておくといいでしょう。

また、体の柔軟性はチアリーディングの技に役立つだけではなく、怪我予防にもつながります。体が硬い人でもチアリーディングで活躍することはできます。しかし、柔軟性があると、怪我をしにくい体になるので、より活躍できる選手になるでしょう。

2、体力作り・簡単な筋トレ

2つ目に多かった回答が、体力作りや筋トレです。チアリーディングは見た目は華やかですが、実は筋肉をかなり使うスポーツ。練習では、他のスポーツと同じくらい筋トレをしますし走ることもあります。また、体力があるほうが、いいパフォーマンスができるので、体力や筋力はある程度つける必要があります。入部してすぐに、体力が持たない!とならないように事前に、筋トレや体力作りを無理ない範囲で行うといいでしょう。

3、笑顔作り

チアリーディングは笑顔が命!といっても日常生活での笑顔とはまた違います。大きく口を開けて目を大きく開きます。慣れればなんてことないですが、慣れるには、チア笑顔の練習が必要になります。私も、チアを始めてから一番苦労したのは、体力作りでも柔軟でもなく、笑顔です。人間の通常の笑顔だと目をくしゃっとして笑うことが多いですが、チアの笑顔だと、笑いながらも目はしっかりと開けます。顔の筋肉も必要になるのです。

チアリーディングを始める前から必死になって笑顔の練習をする必要はないですが、口角を上げる練習、口を大きく開ける練習、眉毛を上げて目を大きく開ける練習をしてみるといいかもしれません。

4、倒立

最後に、倒立の練習をしておいた方がいい!という回答も多かったです。実は倒立はスポーツをやる上で基本の基本。身体が逆さになった状態でしっかりと体の軸を保つことが重要のため、チアリーディングでも練習では必ず倒立の練習をします。ただ、初めてやる人にとっては、腕の力で体を支えるのが難しかったり、体がどうしてもベロッとアーチ状になってしまいます。

まずは壁を使いながら、5秒、10秒とどんどん長くたてるような訓練をしておくといいかもしれません。最終的には壁倒立を60秒までできると上出来です。

ぜひこの4つを試してみてください。

シェアしてくれたら嬉しい!